運命の出会い?

『君の名は』を見に行ったのは、大ヒットしてからだいぶたったころでした。もう上映してないのではというくらいの時期でしたが、地元の映画館でも上映していました。
書店で原作の本が出ていて、こっちを読もうかと思ったのですが、読むにしても最初は映画を見たほうがいいと思い、映画館(TOHOシネマららぽーと船橋)で見ました。
1番強く残っている印象は「青がきれい!」ということです。CMで見ていても思ったのですが、青い色がとてもきれいです。他の色ももちろんきれいなのですが、とりわけ青です。この色を見るためだけでもスクリーンで見る価値はあります。
ちなみに、映画館にはひとりで行きました。友達が見ていた映画を自分も見ることがありますが、映画館に行くときはだいたいひとりです。自分だけの考えにふけりたいのでそうしています。
この映画のような”魂のかたわれ”という存在、私も夢見ていたことがあります。それはこの映画のふたりくらいの年齢のころです。

あのころは魂のかたわれイコール恋人だと思っていましたが、そうとはかぎらないのだということに、映画を見ていて気づきました。このふたりがどういう関係になるのか、つきあうことになるのかはわからないのですが、映画では恋人どうしにはなっていません。できればそのまま、恋愛関係にはならないほうがいいと思うのですが・・、なんとなく。
前世や前前世などという考えは、そういうことがあるとしても私の記憶には残ってないのであまり意味はないかなと、個人的には思います。前世がりっぱな人物だとしても、それじゃあ今の私は何なのだとコンプレックスを抱くだけだと思いますし、逆に前世がろくでもなくても落ち込みそうです。私は前世はいらないです。
”運命の赤い糸”という言葉は、私が小さいころから言われていましたが、見えないのでこれもあまりピンとこなかったです。自分の糸とつながっている人がいい人とはかぎらないですし、糸にしたがってもいいのか?と思っていました。
とはいっても、自分の前世や前前世、赤い糸の相手を想像することは楽しいことで、今はほとんどしませんが10代のころはこういうことをよく想像していました。自分の前世は・・と考えてみても、今の自分をちょっとアレンジしたような人しか想像できません。赤い糸の相手にはいまだにお目にかかってないですし・・。
こういうことは、信じていないと言いつつも、関心がないとは言い切れないものです。
運命の赤い糸の相手がわかるという占いができる機会があったら、きっとお願いしてしまいます。そこで私の理想とは全然違うタイプ、むしろ大嫌いなタイプを言い渡されたらどうしようかと思います。それでも赤い糸にしたがわないといけないのでしょうか。
なんてことを考えるのは、私がこの映画のふたりよりもだいぶ年が上だからだと思います。つい現実的になってしまいます。

そして現実的になった私が今、愛用しているのが
婚活アプリ 結婚

です。

カテゴリー: blog

クリスマス ひとり 女

クリスマス ひとり 女

私のことです。
彼氏がいなかった私。
毎年クリスマスの時期は憂鬱です。
大体12月に入ると街はクリスマスムード一色。
街路樹にイルミネーションは飾られデパートは赤と緑のカラーが目立つようになります。
ギフトコーナーが設置されたりクリスマスセールのお知らせ、なんでもかんでもクリスマスです。
頼みもしないのにクリスマスを意識せざるを得なくなります。
なんとなく周囲にもクリスマスどうする?という雰囲気が漂っています。

30歳くらいで会社員をしていた時、周囲は何をするんだとは言いません。
ただ彼氏のいる人は彼氏と過ごすんだろうなと思うし、家族のいる人は家族なんだろうな、と思います。
母親と二人暮らしでそういったイベント事はしない私は無言を貫いていましたね。
あ~今年も寂しいクリスマスかぁ…と当時の私は思い、クリスマスまでに彼氏が出来ないかなぁ、なんて思いました。
でもそんなミラクル起こりっこないので早々にあきらめていましたね。
でも何もしないでクリスマスを迎えるのもそれはそれで寂しいし。
とりあえず一人でも良いからクリスマスをお祝いしようと思い立ちました。
やった事はちょこちょことクリスマスらしいグッズを集め、小さなクリスマスツリーに飾り付けました。
ホントに小さい手のひらサイズのクリスマスツリーです。
それに百均で買ってきたオーナメントをくっつけあーでもないこーでもないと…それはそれで楽しかったです。一週間くらいかけて、結構満足の行く出来になったので記念に写真を撮りました。
それをクリスマス当日まで部屋に飾っていました。
会社でクリスマスにイベントをする人はそこを休みにするので結構バレます。
うちの会社は不定休なので休みは結構みんなバラバラです。
私は用事もないのでクリスマスは普通に出勤していました。
その日来てない人はデートなんだろうなぁ、と思いつつ。
でもその日寂しくも出勤してる人って案外いるもんで。
心の中でお互いをいたわりあっているというか。
おまえもか、寂しいけど頑張ろう…みたいな。
そんな感じで普通に仕事をした後で自分の部屋でクリスマスをお祝いしましたよ。
帰り道にケーキ屋さんに寄って本当はひとつで良いのにケーキを2つ買って帰りました。それでも予約してホールで買っていく人に混ざってだから少し寂しかったです。
家に帰ってから、かねてより作成していたミニツリーを机の上に飾ってケーキも用意して、ロウソクに火を点けました。
それをまた写真に収めて…。
寂しさマックスになっちゃいますね。
心の中でクリスマスなんてそれに便乗している企業の思惑に乗っかってるだけなんだ、私はそんなのに乗らないで純粋にクリスマスを祝うんだとか、何かクリスマスらしい事例えば寄付をしてみるなんてどうかな?自分達が楽しむよりずっとクリスマスらしい。キリストのお誕生日なんだからとか色々思ってましたね。
結局寄付もしなかった気がします。
ケーキを食べちゃうと後はやる事がなくなっちゃって普通にケータイでゲームをやってた覚えがあります。
テレビはどうせクリスマス特番ばっかりで寂しいだけだから見なかったです。
翌日がまた寂しかったです。
食べ終わったケーキの残骸とクリスマスツリーを片付ける時、ホント何やってるんだろう?って感じでした。
ツリーはオーナメントを外して押入れに放り込みました。
来年もやるか微妙だなぁと思いながら。
何もしないのも寂しいです。
でも何かやっても準備は楽しいけど後が寂しいです。
どっちにしても寂しい。
来年はその時の気分で決めようと思いました。
っていうか来年は彼氏か友達と過ごしたいなぁと。
一年で彼氏を作りたいと思いましたね。
やっぱり彼氏と過すクリスマスが一番寂しくないですもんね。

本当にヨガインストラクターなのですか?

話題になっている彼女の太陽礼拝動画を見たのですが、率直な印象としては、インストラクターっぽくないというのが正直な感想です。
普通のどこにでもいる女性がしているヨガにしか見えませんでした。というのもヨガウェアーは何だか普段着のようで体にぴったりしているわけでもなく肌の露出部分が少なくて体の線が全く見えないからです。
私もヨガに通っていますが、インストラクターの先生は体が締まっていていつもお腹などの筋肉がが見えるスポーツブラタイプのウェアーを着ています。
引き締まった体を披露したいのではなく、呼吸の際のお腹の動きを受講者に見せる為です.

体のラインが見えないウェアーを着ているという事はラインに自信がないからでは?と疑ってしまいます。
ヨガをしていれば自然と体は引き締ってきます、インストラクターともなれば受講者よりもはるかにレッスンしているのでもっと体が引き締っているはずです。
彼女の、この動画をみると体の柔らかさもなく流れもとてもぎこちなく見えます。

この太陽礼拝は比較的ヨガの基本的なポーズだと思います、1時間もヨガをする時間はないけどこのポーズだけは朝必ずやるという方も多いポーズだと思います。
私は朝はバーラーサナという子供のポーズをして体をほぐします、朝の排泄もこれでズムーズになります。その後はスフィンクスのポーズで背中をほぐし腹部のストレッチをしています。

ヨガにはリラックス効果だけでなくもちろんダイエット効果もあります、ヨガをすると全身の筋肉がほぐれそして集中力が高まり心も静まります。

そういう自分と向き合う時間を作る事で頭の中がクリアーになり体の中から力が湧いてきます。ポーズを決める事で普段の生活では使わないような筋肉にも刺激が加わり体が引き締ってくるのです。
私はダイエット目的でヨガを始めたわけではありませんが、自然と2キロくらい体重が減りました。

出産後もヨガをやめなかった事で骨盤もキレイな位置に戻り産後の体型も昔とほとんど変わっていません。
ヨガは激しい動きはあまりないので女性には試しやすい健康法だと思います。昔からしている健康法は白湯を多く飲むようにしています。

 

そしてホットヨガにも、たまに通い大量の汗と共に体の毒素を出しています。
ホットヨガは普通のヨガと違い大量の汗をかけるのでリフレッシュには最適な運動だと思います。

それで、このホットヨガですが、最近は男性の受講者も増えているらしいですね。

一緒にスタジオにいる女性たちは気持ち悪くないのでしょうか?

ちなみに千葉県では、こんな感じらしいです。

ヨガ 千葉 男性

選択肢

行くなとは言わないが、もっと暖かい季節になってから行けばどうか?とヤツは言った。確かに観光旅行なら、そうかもしれない。
しかし、今回の遠征は仕事の為の出張なのである。本業ではないが。時間をずらすことは出来ない。
そうでならば最初から行かないという選択肢になる。

カテゴリー: blog